トップガン【映画】

TOP GUN
1986年 アメリカ
トニー・スコット監督
トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー、アンソニー・エドワーズ、トム・スケリット、マイケル・アイアンサイド、ジョン・ストックウェル、バリー・タブ、リック・ロッソヴィッチ、メグ・ライアン、ウィップ・ヒューブレイ、ティム・ロビンスほか

週末、クラシックギターのコンサートを楽しんできた。
荘村清志、福田進一、鈴木大介、大萩康二の各氏が全6パターンでデュオを組み、時代もジャンルもさまざまな曲を13曲演奏して、最後に4人全員でローラン・ディアンスの《ハムサ》を合奏し、そのまま怒涛のアンコールへ。
出演者全員が第一人者でありながら、年代もギターの音色も演奏スタイルもそれぞれにちがって、なんとも興味深い。
それにデュオの組み合わせが変わると、そのたびに空気がガラリと変わるところがまた凄い。
そして、それがきっちり伝わってくるトッパンホールの音響もブラボーだった。

いや、マジであっという間の2時間だったなあ。

さて、あっという間の2時間といえばAmazonプライムビデオで観た表題の映画。

topgun.jpg

F14トムキャットのパイロット、マーヴェリック(クルーズ)は、グース(エドワーズ)、アイスマン(キルマー)らとともに“トップガン”と呼ばれるエリートパイロットたちの仲間入り果たし、カリフォルニア州のミラマー海軍航空基地でトップ・オブ・トップの座を競い合うことになるが……

『トップガン マーヴェリック』の劇場鑑賞に備えて、予習がてら35年ぶりで再見。
狭小住宅に暮らす私は小さなテレビしかもっていないので、アマプラはパソコンで観ている。
これは映画館で観なければ魅力が半減するタイプの作品ではあるが、それでも、110分があっという間の面白さだった。

何がいいといってそれは、物語のスピード感。
へんにもったいぶらない潔さが、ただごとじゃない。
チャーリー(マクギリス)とのロマンスも、アイスマンとの確執も、父親の死の真相も、タメをつくるのは一瞬、あれよあれよというまに片づいていく。
公開当時は、トム・クルーズがまだアイドル的な位置づけだったこともあり、この著しく深みに欠けるストーリーをバカにする向きも少なくなかった。
私はなぜか気に入って、たてつづけに2回観にいったが、それも戦闘機に乗って宙返りをしている気分になれるのが楽しかったからで、泣かされたとか、考えさせられたとかの記憶はない。

でも、こうしてあらためて観てみると、このストーリーの深みのなさ……もとい、シンプルさがあってこその宙返りなのだということがよくわかる。

というわけで、今日はこれからTOHO日比谷のIMAXシアターへ。
大ヒット中ということでいろいろな噂を耳にするが、特によく聞くのは前作(=本作)とのつなげ方がうまいという話。
いやあ、気になることが山のようにあるが、いちばん気になっているのは、なぜか、管制官がコーヒーをこぼすくだり。
いや、毎度どうでもいいことばかりで、すみませんm(__)m

コーヒーといえば、最近気に入っているのは、藤沢にある〈cafe Aroma〉の深煎りコクブレンド
IMG_2191.JPG
喫茶バルカンのスペシャルブレンドに採用したいコクと苦味です♪

この記事へのコメント

ごみつ
2022年06月27日 14:23
こんにちは!

全然映画が見れてなくて何だか久しぶりのコメントになってしまいました!
まだ6月なのに猛暑スタートしちゃいましたね。

「トップガン」は見たのが2〜3年前で、何でこれ劇場で見なかったんだ!と激しく後悔しました。

今、「マーヴェリック」ご覧になってる最中かな? これはほんと凄い映画でした。

そちらの感想も楽しみにしてますね!トム・クルーズってホントに凄い!って思いました。(*^^*)
Balkan
2022年06月27日 19:23
ごみつさん、こんにちは!
コメントありがとうございます♪

行ってきました、マーヴェリック\(^o^)/
私も映画館はひとつき以上ぶりで、それだけでもうれしいのに、とりわけブラボーな作品にあたって、大大大満足でした。
そして、昨夜、アマプラで予習しておいて本当に良かったです。
80年代のトム・クルーズは、まぶしすぎて正視できない感じでしたが、その後、いつもいい脚本、自分にぴったりの脚本を選んで見応えのある作品に仕上げていて、すごいなあと尊敬するようになりました。「7月4日に生まれて」や「レインマン」もそうだけど、「ミッション・インポッシブル」シリーズや「オール・ユー・ニード・キル・ミー」なんかも、完全にトムが命を吹き込んでますよね。
わたしがひそかに気にしていた管制官のコーヒー問題も『マーヴェリック』でちらっと触れてくれて(まあ、つながりと言えるほどじゃないけど)、泣きそうになりました。どんなへっぽこファンも見捨てないトム・クルーズ、最高です。
新作の記事をつくったら、あらためてごみつさんのとこにもお邪魔させていただきますね!

この記事へのトラックバック